人間が生まれてから抽象思考ができるまでの認知の発達を4段階に分けて説明

ピアジェは、乳児期の感覚運動期、幼児期の前操作期、児童期の具体的操作期、成人の形式的操作期に思考形式を分けて説明した。